プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のRefaith

345-1_R.jpg

345-2_R.jpg

今日は天気が良かったのですが、蒸し暑かったですね。。

1枚目の写真はTVRにお乗りのWさんがタイヤを新調されたとの事で遊びに来られました。
BSの01Rなのですが、かなり良さげでした^^

2枚目の写真はS210にお乗りのIさんが来られたのですが、奥様がホイールをガリっとされたそうで、ちょっと補修してみました。
タッチアップだといかにもなので、簡単に出来る範囲でサッと塗ってみました。
ツヤの感じが合えばもっと良かったのですが、とりあえずはパッと見、分からなくはなりました^^
スポンサーサイト

結構強引ですが。。

344-1_R.jpg

日は久々にまとまって雨が降りました。
おかげで、かなり涼しかったです^^

皆さんにはあまり関係ないかもしれませんが、手に付いた塗料とか油の落とし方をご案内します。

塗料の除去に、何が一番かと言うとやっぱりラッカーシンナーです。シンナーにも色々あって、塗料用のシンナーもあれば、ラッカーの強力なシンナーもあり、ラッカーシンナーでも強いタイプから弱いタイプと色々あります。
そのラッカーシンナーですがかなり強い分、塗料等の除去効果も大変素晴らしいです。しかし、刺激も強く、かなり体(手肌)には悪いです。
そこで、どうするかと言うと、一度、家庭用の中性洗剤で手をコーティングします。そして、ラッカーシンナーを含ませたウエスで手を拭きます。
すると・・・ツルツルしつつ、キレイさっぱりになります^^
ただ、いくら中性洗剤でコーティングしても体(手肌)に悪い事だけは間違いありませんが・・(汗)

はじめて見ました。

343-1_R.jpg


梅雨の空が戻ってきましたね。。

ヴィッツの後ろからの追突による修理をしています。
大きな損傷は無いのですが、見てみると、何か変です。
バンパーの下の方が錆びています。。
そうなんです。下半分が鉄板なんです。上は普通のウレタンバンパーです。
外してみると、外した部分に色が入ってませんので、下だけ装着されてラインで塗られたのだと思います。
どうしてこのような構造なのか??ですが、初めて見ました。

何故か、最近ずっと追突による入庫ばっかりです。季節柄でしょうか?
気をつけたいですね!!
343-2_R.jpg

新車でも

341-1_R.jpg

341-2_R.jpg

今日も暑い1日でした。でもまだ夏前なのか、この時間は涼しいですね^^

新車のゼロクラウンのイージーグラフィックスをしてます。
このお車、実は4月の新車登録前にディーラーさんからのご紹介で施工させて頂いたのですが、今回、色調の変更という事で入庫頂きました。

方法としましては、更にダーク系のキャンディーで染め上げ、オーバーコートのクリアーという感じになります。
フィルムによりますが、今回使っているフィルムはゴールドの層があり、光が当たると一気に明るさが増すという特徴があります。なので、途中、太陽光ライトを当てながらの塗装となります。

イージーグラフィックスが出た当初のフィルムは単調な物だった為、『いかにも』って感じだったのですが、今はバリエーションも増え、よりリアルウッドのような変色をするフィルムもあります。
個人的にはこのような感じの光で思いっきり変化するようなフィルムは好きですね^^

今日はこんな感じです。

340-1_R.jpg

340-2_R.jpg

朝からどんよりしてますが、とりあえず雨は大丈夫みたいです^^

先日からのキャリパー塗装&組換えですが、取付け完了しました。
もちろん、エア抜きもしっかりと行いますが、今回、フルード全量交換もしました^^
ちなみに写真のホイールは仮で、NEWホイールがあるのですが、タイヤの入荷待ち中です。お客様がどうしてもこだわりの銘柄があり、もう1ヶ月近く待って頂いてます。ずっと国内欠品なのですが、もう少しで届きます^^

2枚目の写真は久々のバスネタですが、今、室内の腐食部分の切り替え等を少しづつ行ってます。
外装に比べて痛みは少ないですが、床下からの影響であちこち腐食しています。

古い車の場合、まずドアが腐食しやすいですが、フロアーも同じように腐食しやすいです。
乗られずに何年も放置してあると大体フロアーは腐食してます。
腐食を防ぐには水に濡らさないっていうのを第一に思われると思いますが、定期的に動かしてあげて、車にきちんと風を通してあげるのも有効な方法だったりします^^

新たな試み

338-1_R.jpg

今日は、かなり暑いです。。感覚的には真夏って感じで、日差しが痛いです。。
しかし、まだまだ序の口なんでしょうね。。

イージーグラフィックスで、ちょっと新たな試みをしています。
イージーグラフィックスは基本、塗装の為、塗装出来る材質っていうのが絶対条件なのですが、車の内装パーツって、ビニールレザーとかを巻いてあるパーツとかも結構あったりします。
余程柔らかく無い限り、軟化剤とかを使って対応可能ですが、経年変化に大変弱く、後々必ずシボ(凹凸)が見えてきてしまいます。。
今回も、そんなに柔らかくはないのですが、ビニールレザー貼りでしたのでお客様には後々の問題をご説明させて頂きました。
その上でご依頼頂いたのですが、せっかくなので、新たな試みをしてみる事にしました。
ちょっと手間が掛かりますが、かなり良いのでは・・・と思ってます。
こんな感じですぐダメと結論つけるのでは無く、トライ&エラーを繰り返しながら色んなノウハウを蓄積していきたいですね(^^)

今日から、またランキングにチャレンジしてみたいと思います。プチっとクリックお願いします。

本日の作業

334-1_R.jpg

334-2_R.jpg

今日は、涼しくて過ごしやすいです^^

先日からのホイール修正塗装が完成しました^^
ガリガリの傷&ブレーキダストがかなり酷かったのですが、綺麗になりました^^

その他、キャリパーの塗装の合間でローターを塗ったりしています。
いっつも思うのですが、ローターのベル部分ってすぐ錆びますよね。。熱をかなり持つ部分なので仕方ないとは思うのですが、ホイールの隙間から見えるベルが錆び錆びだと・・・テンションも下がります。

ついでと言っては何ですが、こうやって軽く塗っておくだけで、全然違います^^
更についでですが、せっかくなのでハブベアリングの調整もしました。
距離を走ってくるとクリアランスが広がってきますので調整が必要です。ちなみにそのままほっておくと異音がして、即ベアリング交換となります。元々消耗品ではあるのですが、定期的に調整する事によって寿命も延びますし車にも優しいです^^

昨日の続き

326-1_R.jpg

326-2_R.jpg

今日は、朝からしっかりと雨が降ってます。
お陰で多少は涼しいです^^

昨日の続きをやってます。
剥離した後、ペーパーの番手を上げて磨きこんでいくとこんな感じでツヤが出てきます。
もちろん、このままだと、すぐ腐食しますのでクリアーでコートしますが、アルミを地まで出していますので、そのままでは塗料が食いつきません。
なので、専用の密着剤を引いてクリアーを入れます。
ちなみに、今回、スポークのシルバーの部分も塗り直しますので、もう一回塗装します。

その他、キャリパーの組み換え・塗装もやってます。
写真は何度かこのblogでも出てきたC55AMG用のキャリパーです。このキャリパーは一応ブレンボ製なのですが、キャリパー・ローター(345mm)・純正ブレーキパッド全て込みで15万程度とかなりリーズナブルです。
もちろん、このまま取り付けしても面白くないので、塗装&ロゴ入れして装着となります^^

ホイールガリ傷修理

319-1_R.jpg

319-2_R.jpg

今日も雨が降りましたが、中途半端です。。
降るならしっかり降って欲しいですね。

ホイールのガリ傷を修理してます。
今回、傷が浅かったので、自前で修理しています。
まずは傷を600番程度のペーパーから順にペーパーの番手を上げて消していきます。
通常の傷同様、これで完全に傷は除去出来ます。
ちなみにここでのポイントですが、基本的に傷が深い場合はアルミを盛る必要があります。あくまでも、傷が浅い場合の修理方法です。

上記の方法で、比較的簡単に傷は消せますが、研いでいない部分と、研いでいる部分で明らかに見た目が違います。
文章では説明が難しいのですが、これはクリアーによる見た目の変化とアルミのカット処理(虹色に見える)による物です。
アルミのカット処理に関してはどうしようもありませんが、当然、このままクリアーを入れて終わりという訳にはいきません。
なので、一度写真のように今のクリアーを全て剥離する必要があります。
全て剥離する事により、研いだ部分と研いでいない部分の見た目よる違和感を無くしてしまいます。

他の作業もあるため、今日はここまでにしときます^^

エアロのフィッティング

300-1_R.jpg

今日はかなり蒸し暑いです。感覚的に今年1番の暑さではないでしょうか。。

SLKのエアロのフィッティングをしています。
他店で取り付けしたみたいなのですが、端をビスで付けただけなので、グラグラしています。。
なので、メインのバンパーにも傷が入ってます。。

うちの場合、ガラス用の接着材を使うか、見えない場所をビス等でしっかり留めて作業しています^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。