FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

強敵です!

255-1_R.jpg

255-2_R.jpg

降ってはやむといった感じの嫌な天気でした。。

ボルボV70です。右リアドアの損傷で入庫頂いたのですが、かなり損傷しています。
写真では分かりにくいのですが、エッジの部分がかなり入っており、通常ですと間違いなくほぼ交換のレベルだと思います。
ただ、今回はオーナー様のご要望もあり、板金で直す事となりました。
(一応、損傷のレベルがひどい為、ある程度の歪等は免責とさせて頂いてます)

今回、エッジ部分ですので、かなり固いのと、引っ張る際に外パネルが剥がれたりの問題が懸念され、かなり大変な事になると思いますが、頑張っていきたいと思います!!

こんな場合でもお任せ下さい。

254-1_R.jpg

254-2_R.jpg

朝から冷たい雨が降ってます。。

写真は、社外のフロントバンパーの取り付け部欠落のアップです(ピンボケしてて申し訳ありません)
今回、バンパーの下部分が引っかかってしまわれたそうです。
ちなみに、一部完全に欠落していますが、前日の記事のように、FRPで新たに整形して十分補修可能です。
本当に不思議ですが、FRPを使う作業が続きます。

もう一枚の写真は同じクルマ(HPにも載っている黄色のFDです)なのですが、リアに取り付けたウイングの仕様変更をされるという事で、開けた穴をスムージングしています。
(もちろん、言うまでもありませんが、いつもの通り、パテだけで埋めるとかそういったことはありません)

12月も中旬に入ってきました!年内気合入れて全力でがんばっていきますので、お問い合わせ等ございましたら遠慮なくいただければと思います。

大した事ではありませんが・・・2

253-1_R.jpg

253-2_R.jpg

253-3_R.jpg

下から読んでください(^^)

バンパーの加工は純正と同様にという事で型を取って作業を進めてますが、同時にマフラーの作業も進めていきます。
今回、AMGの本物のマフラーをセンターパイプから交換しますので、そのままボルトオンという訳にはいきませんので、フランジ手前から切断&結合していきます。

そして、最終の形が最後の写真です。
実際にはバンパーの吊ゴムの硬さが違ったり(AMGは吊りゴムもHW品番でした)*HW品番とはAMGの専用パーツの品番で非常に高価です。たかが吊ゴム1個で3000円もしやがります。。
そんなこんなで、微調整等ちょっと面倒でしたが、綺麗に収まりました。(^^)

作業的にはどこの板金屋さんでも行っているレベルだと思いますが、こんな感じでひとつひとつの工程をきちんとしています。

正直、『やってるな~』感はありませんが、こういった『どこをいじったの?』的な車いじりも好きです!

大した事ではありませんが・・・1

252-1_R.jpg

252-2_R.jpg

252-3_R.jpg

今日も暖かくて気持ちいいです(^^)

マフラー取替えによるバンパーの仕様変更です。

元々、このW210はスポーツラインというグレードで、AMGのエアロが付いています。ただ、マフラー自体はノーマルなので本物のAMGバンパーと違い、マフラーの切込みが入っていないタイプになります。
ただ、せっかく見た目はAMGなのに、マフラーが見えないのは淋しいのでマフラーカッターを加工して取り付けていました。
それはそれで良かったのですが、オーナーさん的にはやっぱり音の面からもマフラー自体を変えたいというのがあり、どうせなら本物のAMGマフラーに替えようという事になりました。
早速ヤフオクで本物のAMGマフラーをセンターパイプ付きで入手しましたが、当然、バンパーに切込みが入っていないので、本物のAMGバンパーのように・・・という流れになりました。

まずは型取りから始めましたが、これは寸分の狂いもなく忠実に再現します。(そこで気が付いたのですが、切込みが右下がりになってます)
後はダンボールで型を取って純正同様のミミを作っていきます。と言うのも、型を取って切り取っただけでは、スッポンンポンで非常にかっこ悪くなってしまいます。なので、当然、ここも純正同様の処理をしていきます。

次に続く・・・

ランサー塗り終了です

251-1_R.jpg

251-2_R.jpg

ちょっと古いランサーの塗りが終了しました。
(ほぼ全塗装です)

今回、側面から後ろに掛けての事故による修理だったのですが、ボンネットも以前の修復でクリアー剥げ等の問題を抱えていたため、まとめての修理となりました。

しかし、最近、広面積の塗装とバンパーの塗装がかなり多い気がします。
本当に不思議ですね。

インプレッサ終了しております。

250-1_R.jpg

250-2_R.jpg

今日は、かなり心地よい天気でした(^^)

いきなり完成ですが、インプレッサのFRPバンパー補修終了しております。
また、今回、フロントフェンダーにも擦り傷があり、
同時にご依頼いただきました。
しかし、このカラーは3コートパールなのですが、
本当に綺麗な色ですね(^^)

FRP補修

249-1_R.jpg

249-2_R.jpg

久々に暖かい1日でした(^^)

今日はFRPバンパーの補修を行なってました。
写真で見ると、ヒビだけに見えますが、完全に穴が空いてしまっています。
このような場合、とりあえず、裏からFRPの樹脂・ガラスマットを使って補強&補修していきます。そして、完全にFRP層を作ってしまった後に、表面の割れている部分を除去し、新たに整形していきます。
作業的には、面倒なのですが、板金塗装屋さんでは特別珍しい作業ではないと思います。
ただ、FRPの作業はガラス繊維が刺さってチクチクすのでなかなかに嫌な作業でもあります。

12月に入り、お陰様で沢山の入庫を頂いてます。
今現在、レストア等の作業を除き、板金塗装3台(1台ほぼ全塗装)イージーグラフィックス2件、その他1件を同時作業で頑張ってます。他にも沢山ご予約を頂いてますが、日にちによってはまだ空きはありますので、年内作業のお問い合わせ等のご相談、お気軽にお待ちしております。

Z32終了しております。

248-1_R.jpg

かなり寒くなってきました(>_<)

ほぼ全塗装となりましたZ32ですが、本日納車させて頂きました。

今回、費用を抑える為にぼかせる部分に関してはボカしていく予定でしたが、結局、リアのテールレンズ下部分のみぼかして、その他は全てぼかす事無くクリアーを入れました。
というのも、新車から11年経っている為、どうしてもクリアーの劣化が進んでおり、それが進行していくと、チョーキングといってベースコート及び、下地にクラックが入って来ます。そうなると、完全剥離しか方法はありません。(すでにボンネットやTバーの間の部分の上面はかなりダメージが進んでました)
これを防ぐには塗膜が悪くないうちにクリアーを入れる事がベストです。
そういう事もあり、ほぼ切らずにクリアーを入れました。
今日の納車の際にもオーナー様とお話ししたのですが、RMを使っている理由について、経年変化に大変強いというのがあります。正直、塗った直後は国産の塗料でもツヤはあります。ただ、これが1年~2年と経って来た時が一番問題です。完全に数十年掛けてテストした訳ではありませんが、明らかに誰が見ても分かる位違います。
同じような話で、RMの塗料を使っているカスタムショップの社長さんと良く話すのですが、そこの社長も1回オールペンしたら、5年経とうが、ツヤが全く引かないので・・。といった具合です。
何か、材料の宣伝のような記事になってしましましたがこんな感じですのでどうぞ宜しくお願い致します。