プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレラウイング

197-1_R.jpg

カレラウイングを取付けています。
オーナーさん自ら応援して頂いてます(^^)
元々、この930カレラはこのウイングが付いていたのですが、前のオーナーさんの趣向で羽無しになっていました。その後、今のオーナーさんの元へやってきたのですが、幼い頃のポルシェのイメージが羽有りだったそうで、どうしても自分のポルシェの羽が付いた姿を見てみたいという事で今回新たに塗装し直し、取付けとなりました。
オーナーさんもご満悦で良かったです(^^)
スポンサーサイト

多いです。

196-1_R.jpg

196-2_R.jpg

ベンツの113エンジン(V8)のプラグ交換をしています。少し面倒ですが、ポルシェとかと比べると断然簡単です。但し、このエンジン、ツインプラグなのでV6でも12本。V8は16本もあります。という訳で、ゆっくりすると、V8は楽に2時間位掛かってしまいます<(_ _)>

しかし、プラグ交換って腰が痛くなります。。

自作塗装スタンド

194-1_R.jpg

194-2_R.jpg

カレラウイングを塗ってます。
写真の様に裏表塗らなくてはなりません。ボンネットとかを吊る為のスタンドは有るのですが、このウイングみたいな特殊な形状は吊る事ができません。そこで
こんな感じで塗ってみました(^^)

問題なく裏表塗れてます!

もう揃いました。

193-1_R.jpg

今日は、久々に晴れました(^^)
今、やっと一息ついてこのblogを書いているところです。
ところで最近、問い合わせの電話及びメールを沢山頂きます。基本的に問い合わせ自体が無いと、当然仕事もありませんので、大変有り難い事です(^^)

写真は昨日のCR-Vのパーツです。もう全て揃いました!うちみたいなクルマ屋さんは皆さん同じだと思うのですが、部品待ち程無駄な時間はありません。当然、その間全く作業も出来ませんし、場所もとります。。特に輸入車の場合、『本国オーダー』とかあったりしますので大変です。確かに、部品の在庫も大変だと思いますが、国産みたいにとは言いませんが、もう少し早いと助かりますね(^^)

バタバタです。

192-1_R.jpg

192-2_R.jpg

朝一番に馴染みのお客さんから電話がありました。
『クルマをぶつけたんですけど・・今週の金曜日までに直りますか~?』
詳しく状況を聞くと、実家のクルマを乗っていてぶつけたらしく、週末に実家へ帰るのでそれまでに直さないといけないとの事。とりあえず、バタバタで入庫してもらったのですが、写真の通り、右フロントフェンダーがアウトです。板金でも無理な事はありませんが、納期的に厳しくなりますし、何しろフェンダー新品で21,000円という事でかなり安いので新品交換でいく事にしました(損傷が酷いので板金よりも新品購入が安いです)直ぐに部品をまとめ、発注を入れ、出来る事からしておこうと思い、2枚目の写真のようにバラシましたが、ここまで約20~分くらいでした(^^)
何しろ、最近の国産は殆どクリップなのでアッという間にバレてしまいます。問題は部品の納期ですが、水曜日までには揃うみたいなので、金曜日は間に合いますね(^^)丁度、別の入庫の予定がずれたのでセーフでした。

イージーグラフィックス小技2

191-1_R.jpg

191-2_R.jpg

191-3_R.jpg

何日か前の記事で、W220の長尺パネルの話を書きましたが、あれから丁度タイミング良くW220のイージーグラフィックスの依頼を受けましたので、ご案内します。

3枚目の写真が2度貼りで切った部分です。こんな感じで一番、切り目が出ても影響が少なくなるように幅が狭かったり、分かりにくい部分を探して切ってます。
このW220はオレンジキャンディーで染めているのでかなり分かりにくくなっていますが、ウッド系でしたら、ここまでではなくてもかなり分かりにくく出来ます。
という事で、長いパネルに関しましても遠慮無くお問い合わせ下さい。

天候

190-1_R.jpg

190-2_R.jpg

昨日、このblogで書いたティアナのポリマーが完了したました(^^)
結局、昨日は夜遅くまで掛かってしまいました。。
でも、その甲斐もあって、綺麗に仕上がったと思います。
ただ、一つ問題があります。それは天候です。
しっかりと焼いてますので、雨でも納車は出来るのですが、気分的に嫌です(>_<)もちろん、雨にあたっても洗車すれば納車前と同じ状態になるのですが、出来れば愛車と対面する時くらいは一番いい状態で見て頂きたいですよね。
天候を見ながら納車の段取りを組みます!

焼付けポリマー施工

189-1_R.jpg

今日も雨です。しかも豪雨です(T_T)

雨ですが、ポリマー施工をしています。写真は鉄粉取りをしているところですが、鉄粉取りだけで3時間弱も掛かりました。でも、これが大事なんですよね。
とにかく下がしっかりしていないと上から何を塗ってもダメです(T_T)・・・良く、女の人の化粧に例えられますが・・・。

実際、余程悪い塗装状態でない限りは鉄粉をしっかり取ってあげて軽く磨くだけで、水が弾くようになります(塗装面が滑らかになる為です。ワックス等の油分で弾くのとは意味が全く違います)
同様の事で、せっかくポリマー等施工していても、汚れが付着したままでは水の弾きも悪くなります(塗装面が滑らかでは無いという事です)
なので、ポリマー施工有無に関わらず、塗装面を良い状態に保つ為には汚れたら速やかに洗車してあげましょう!デメリットは洗車傷と錆びですが、洗車傷は簡単に消せますし、今時のクルマは簡単には錆びません。

このティアナもしっかりと下地を作っていきます(^^)

イージーグラフィックス小技

188-1_R.jpg

本格的な梅雨らしい天気になりました。これからしばらくの間、雨が続きそうで考えると憂鬱になってきますが、明ければ夏本番って事で頑張りましょう!

イージーグラフィックスの小技をご紹介します。
写真のようにメーターフードは依頼される事が多いのですが、ご希望のお客様にはこんな感じでつや消しの黒をメーター廻りに入れております。というのも、そのままですとツヤがあるので、夜、メーターの光が反射して非常に見にくくなってしまいます。それと、この写真のパーツくらいなら良いのですが、余りにも深いパネルだと奥の方は柄が伸びきってしまい、今一格好良くありません。。
なので、こんな感じでツヤ消しの黒を最後に入れてます。・・・勿論サービスです。
ちょっとした事ですが、こうやってツヤ消しの黒を入れるだけで、純正っぽくなり、見た目の高級感もグッとアップします(^^)

バス8

187-1_R.jpg

187-2_R.jpg

バスの天井にサフェーサーを入れました(^^)
本当は、外側でまとめてサフェーサーを入れたいのですが、何しろ大きいので、区切りをつけていく意味も含めて、天井だけ入れました。
1枚目の写真は塗装前ですが、昨日までは錆転換剤が入っていたのを、朝一番から#120~#240と2人で一気に研いでしまい、間髪を入れずにユーロフィルというウォッシュプライマー(防錆処理剤)とサフェーサーを入れました!
この間髪入れずというのが重要ポイントで、何回も書いてますが、地が出た鉄板は一刻もも早く空気から遮断する事が大事なんです。
なので、朝一番から2人で一気にいきました(^^)
とりあえず、これで一安心です。

ちなみに、天井ですが、これだけでユーロフィル0.5キロ・サフェーサーも1キロ使いました(T_T)

天井も、まだ板金が必要ですので、板金後、サフェーサーをもう一度入れます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。