FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

イージーグラフィックス最大サイズ

186-1_R.jpg

イージーグラフィクスのほぼ最大サイズの転写をしました。(写真は転写が終わって1回目のクリアーを入れ終わったところです。これをもう一回#1500で研いで平滑感を出し、もう一度オーバーコートのクリアーを入れます。)

ちなみにこのメーターパネルは横が約95cmあります。
水槽の横幅が約100cmですのでほぼ限界サイズです。
通常、このサイズだと断られるか、もしくは2度貼りといって途中で一度切って再度残りを貼るという方法になると思いますが、Refaithでは1度貼りで仕上げてます(^^)
正直、フォルムも一気に1m使いますし、失敗した場合のリスクが高いので大変ですが、絶対に1度貼りの方が綺麗なので、転写角度やその他諸々研究しました(^^)
・・・さすがにカーボン系は柄の関係で限界サイズは多少短くなってしまいます。。
ちなみに、今まで貼ったサイズではウッド系で100cm弱。カーボン系では90cm弱です。・・・もちろん、クオリティーを落とさずにのサイズです!クオリティーが落ちてよければ、大きな水槽を用意してまだ長いサイズでも転写出来るかもですが、カーボン系は間違いなくただの斑点になってしまいますし、ウッド系も伸び伸びの木目になってしまいます(T_T)
なので、前記くらいのサイズを限界としてやってます。
尚、W220のダッシュパネルのように140cmとかあるパネルはやむおえず2度貼りしますが、極力切れ目が分からないように一工夫しています(^^)

バス7

185-1_R.jpg

185-2_R.jpg

185-3_R.jpg

バスも徐々にですが、進んでます。
写真は、穴のスムージングをしているところです。
これくらいの小さい穴でしたら半田で埋めるのですが、以前にも書いたように、テーパー状に削って、多少範囲を広く半田を盛っていくのがポイントです。

911ポルシェ作業

184-1_R.jpg

911ポルシェの調色作業です。
調色の場合、必ず、こうやってテストピース及び混ぜた色のデーターを取りながら行なってます。
しかし、ポルシェというクルマは色に対して本当に懐が深いクルマだと思います。原色のピンクや黄色があったり、このクルマのように茶メタがあったりとほぼあらゆる色に自然ととけ込みます(^^)こんなクルマってなかなか無いですよね

キャリパー塗装完成

183-1_R.jpg

先日塗った、自分のクルマのキャリパーをようやく組み上げました(^^)
結果ですが・・・
今一インパクトに欠けます。。
自分的には『かなり目立つかな~』と思ってましたし、お客さんからも同様の意見を沢山もらっていたので、拍子抜けした感があります。
いっその事、イージーグラフィックスでもしようかななんて考えてます(笑)・・勿論、冗談ですけど。
しかし、色決めっていうのはホントに難しいですね。

お待たせしました。

182-1_R.jpg

またまた210ネタなのですが、定番のメータードット欠けの修理及びメーターリング取付けを行ないました。
オーナーさんと打ち合わせて納期を1週間に決めました。そこまでは良かったのですが、3日伸びてしまいました。。
と言うのも、元々この210は純正ナビでメーターの時計を合わせるようになっています。しかし、この210は社外ナビに換えてあるので、時計を合わせる事が出来ません。ディーラでプログラムを書き換えてもらえば手動で合わせられるようになるのですが、○○スモ○クなのでディーラーに入庫させられないんです。そこでどうするかと言うと、12時丁度にメーターに電源を入れるんです(^^)一応、メーター単体で時刻は進んでいきますのでそれでOKなんです。
ただ、それだけなのですが、1日目、2日目はバタバタしてて、気が付いたら12時を回ってました(T_T)そして3日目はメーターを外したのが30分前で、30分後の12時にメーターに電源を入れたのですが、メーターに記憶が残っており、12時になりませんでした。。そして、やっと今日、12時丁度に合わせました!オーナーさんも、週末しかクルマを使われない方でしたので、何とかセーフでした。
しかし、ご迷惑をお掛けしました。。

S210T完成

181-1_R.jpg

S210Tの作業が終了しました。
モールスムージング等の結果ですが・・・
かなりカッコイイです(^^)写真では今一イメージが沸かないと思いますが、標準のクルマと並べてみるとかなり違います。例えて言うなら、標準仕様がオヤジっぽいとすると、こちらは若いイメージです(^^)
何しろ、クルマのまとまり感が一気に高まった感じです!
このオーナーさんは、いつも色々とアイディアを持って来られます(有り難うございます)正直、お店から色々と提案するのが普通だと思うのですが、悲しいかなセンスも、ネタも余り豊富ではありません(T_T)
ただ、『こんな風にしたい~』等ありましたら、持てる限りの知識で可否等につきまして精一杯相談に乗らせて頂きます。
なので、何かございましたら遠慮無くご相談下さい。

S210T作業状況5

180-1_R.jpg

組付けを行なってます。
毎度の事ですが、組付けが一番気を使います。
ベンツのフロントバンパーはフォグの配線が短い為、付けにくいです。なので、こうやってジャッキなどでバンパーを中に浮かせて取付けすると楽です(^^)

プリウス終了

178-1_R.jpg

プリウスの板金が終了しました(^^)
このプリウスの色は1COという色なのですが、最近のトヨタの色は(特にシルバー系)本当に合わせるのが難しいです。。言葉では表現しにくいのですが、メタリックが特殊です。また、メタリックの形が変なのか、独特の影を作ってくれます(>_<)
メーカーとしても、莫大な費用を掛けて色を開発していると思いますが、補修は大変です(T_T)

S210T作業状況3

177-1_R.jpg

スムージングしたモールを仮合わせしているところです。
初めの研ぎの段階から、長さ、高さ等きちんと基点を決めて、そこは崩さないようにしていますので、基本的にライン等が崩れる事は無いのですが、念の為合わせてます。
この後、サフェーサーを入れて、本塗りです(^^)

S210T作業状況4

179-1_R.jpg

179-2_R.jpg

S210の作業もほぼ終了しました。
1枚目の写真は黒に塗ったピラーを取付けたところです。(写真が変色しているのはお許し下さい)
知らない人からすれば『???』って感じだと思いますが、水玉から、かなり格好良くなったと思います!
ピラーが黒になっただけですが、クルマのまとまり感が全然違います(^^)
2枚目の写真はモールやドアノブの色を入れているところです。
明日には組付けて完成です。どうなるか楽しみです!