プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケチケチ修理。。

最近、500のエンジンから微妙に異音がしてました
気にしなければ・・位の感じですが、気にしだすとダメですね。。
そこで、ベルトを外して調べてみると、どうもオルタネーターからっぽいです。

IMG_2621_R_20150414183656999.jpg
という事で、時間が出来た時にバラシてみました

すると・・
IMG_2623_R_2015041418365751f.jpg
リアのベアリングが、手で簡単に抜けます
圧入されているので、本来であればプーラーで抜く物です。。
回転してはいけない所が回転してしまって、軸が減ってしまったようです。。

とりあえず、リビルトを調べますが、どこぞの物か分からない物なら、そこそこ安いですが、きちんとした物だとそれなりにします。
別に充電等に不具合がある訳ではありませんので、出来るだけ安く上げたいところです。
そして、一応、電装屋さんに相談してみると、ローターだけ取れるよ~との事。
まあ、自分のクルマですし、オルタネーター降ろすのもワーワー言う程面倒でもないので、今回はローターだけ交換する事にしました

IMG_2724_R_20150414183700b10.jpg
ボッシュ製ですが、リアのベアリングはセットされた状態で来ますので、フロント側だけ入れ替えました

IMG_2726_R_20150414183726929.jpg
そのまま組み付けて、結果、異音も無事無くなりました

IMG_2626_R_2015041418365936b.jpg
そして、こちらはオルタネーターを降ろす時に外すATクーラーのホースですが、オイルがにじんでます

これは、オイル漏れ定番の箇所ですし、新品を頼んで買っても良かったんですけど・・

IMG_2627_R_20150414183659524.jpg
カシメをバラシてみると、これまた、ピッタリの国産の耐熱&耐油ホースがストックしてあったので・・

IMG_2725_R_201504141837243a8.jpg
それを使って組んでみました
お客さんのならこんな事しませんが、自分のクルマなのでまあOKでしょう
多分ですが、ブリジストンのホースなので、下手に純正のホースよりいいかもしれません
まあ、これも純正だと1万円近くするのが、何百円で終わったので、ケチケチ修理ですね

こうやって書いていますが、普通は素直にオルタネーターも新品、もしくはきちんとしたメーカーのOEMで、ホースも純正をオススメします

スポンサーサイト

エンドレス・・

今日の定休日、先週に引き続き、少し仕事をして、500のメンテナンスをしました

IMG_2232_R.jpg
正規のホースが揃ったので、サクサクと交換していきます
ついでに、バリバリに朽ち果ててたコルゲートチューブも、耐熱の物を取り寄せ、同時に交換しました

IMG_2231_R.jpg
コルゲートチューブの破片が散らばってますが、触るだけで粉々になるので、ひたすらエアーブローで掃除しました

IMG_2233_R.jpg
そして、パワステフィルターも新品へ交換して、パワステフルードを入れますが、今回、フックスを選択しました

これが、なかなかの優れもので・・

IMG_2234_R.jpg
こんな感じでフタが伸びて・・

IMG_2235_R.jpg
上のキャップを取ると、大変注ぎやすくなります

さて、これでホース部分からの漏れは完全に止まりました

ただ、1点心配な点がありまして・・

ここ1週間、リフトの上で放置してたのですが、今日、下から見てみると、パワステポンプ自体に微妙にオイルの跡があります。。
先週、パーツクリーナーで綺麗に流したはずなんですけど・・

ホースからはガッツリ漏れてましたが、もしかしたらパワステポンプ自体から漏れてる可能性もありそうです

先週、パーツクリーナーで洗いましが、まだ漏れたオイルが残ってたのかもしれません・・って思いたいです

しばらくしてまたリフトで上げて、もし漏れてるようなら、パワステポンプのオーバーホールが決定ですね

ホント、W124の修理はエンドレスです

IMG_2236_R.jpg
余りにも汚かったので、洗車してあげました・・ただ、外気温3度の中での洗車でしたので、手が痛くて仕方なかったです

さあ、今週はまた寒くなるみたいですね。気合入れて頑張っていきます

グッドタイミング。

今日も何だかんだで、午後からはずっと出っぱなしでした~

IMG_2208_R.jpg
こないだの定休日にバラした500ですが、タンクに繋がってるパイプを外そうと、画像のようにスパナとメガネのコンビを掛けますが、サーモスタットのハウジングに当たって工具が余り振れません。おまけに、上にもステーがあって上方向にもほとんど振れません。。
ソケットを入れようにも、ボルトの後ろにクリアランスがない為、結局、スパナで地道に緩めました

そして、今はホース待ちなのですが、さっき、スナップオンさんが来た時にチラシをもらうと・・

IMG_2209_R.jpg
何と、短いセットがキャンペーンであるではないですか

IMG_2211_R.jpg
という事で買いました
この長さなら楽勝で振れます

IMG_2212_R.jpg
そして、ホースも届きました・・国産のブリヂストンやヨコハマの耐油ホースを探しましたが、規格の違いで、ジャストなサイズが無く、やはり純正しかないな~って事で、前回とは別の部品屋さんに頼んだのですが、今回は何の問題も無く正規の物が届きました
もちろんですが、ホースバンドもピッタリです

後は、耐熱仕様のコルゲートチューブ待ちです

入る訳ないし~

今日は定休日ですが、来週からかなり忙しくなるので、少し仕事の段取りを取りに会社へ・・

そして、前々から気になってた、500のメンテをしました

IMG_2159_R.jpg
パワステタンク部分からのオイル漏れですが、結構漏れてます。。
・・気温が下がって来ると、ゴム類が固くなって漏れやすくなります。500はほとんど乗らないので特にですね。

IMG_2160_R.jpg
こちらはポンプからクーラーへのホースですが、こちらも漏れてます。。
ちなみに、ここまででもデスビ等もろもろ外さないとダメでした
しかし、コルゲートチューブが劣化して悲惨な状態になってますね。。

ネットでの事前情報だと、パワステのポンプを外さないと交換出来ない・・とかあって、面倒だな~って思いつつも、ホースを交換するのに、わざわざポンプを外す事もないだろう・・と思い、とりあえず外してみる事に・・。

IMG_2161_R.jpg
途中、『やっぱり、ポンプを外さないと交換出来ないのか・・』と凹みましたが、タンクを外して、詳しく調べてみると、外さなくてもいけそうです

IMG_2162_R.jpg
ホースが短いので曲がらずちょっと苦労しましたが、無事ポンプを外さずに取れました
ただ、過去交換されているようで、ホースバンドがインチなのか変なサイズで、合う工具が無く、ちょっと苦労しました。

・・しかし、結果的にポンプは外さず出来たので良かったですが、ネットの情報もウソが多いので、注意が必要ですね

・・とここから交換だけのはずだったのですが・・

IMG_2155_R.jpg
事前に部品屋さんに、ホースとホースバンドを頼んだら、こんなのが来ました
ホースバンドは大丈夫ですが、ホースが細すぎます。。

元々、外して、内径を測って、国産のホースで手配しようかと思ったのですが、外す時間も無かったですし、それをすると部品の手配まで含めて、平日に作業するしかないので、事前に純正部品で頼んだのですが。。

その後、この画像も送り、調べてもらいますが、『このホースの品番しか出てこないのでこれ以上調べようがありません・・』と

これ以上その部品屋さんに言っても仕方ないので、とりあえず外してみようという事で今日外しました。
・・・しかし、イラストから、ホースバンドとホースを頼んで、結果、細いホースが来て、上記の画像も送ったのに、調べようがありません・・って・・。何だかな~って感じです

IMG_2163_R.jpg
どう考えても無理ですね。。
しかも、この10cmくらいのホースですが1,000円くらいしました

とりあえず、こちらは国産の耐油ホースを探します

IMG_2164_R.jpg
もう1本の方は、以前メートル単位で買ってあったレベライザーの純正のホースが同じ品番だったので、そちらを切って使いました

あ~、正規のホースがあれば、今日中に作業終了したのに・・って感じです


IMG_2165_R.jpg
ちょっとビックリしましたが、赤い、紙?のガスケット、これが5,000円もします


さて、事故や修理等、かなり詰まって来ました
僕一人ではちょっと無理っぽいので、また今週末から助っ人をお願いしました

12月、実質あと3週間ですが、気合い入れて頑張っていきます

結局一番下。

IMG_2008_R.jpg
GE6のフィットへ車高調を組みます
テインの一番安いタイプですが、新品で6万5千円程で買えます
とにかく、こういったパーツは安くなりましたよね~。
僕が免許取って初めに乗ったのはEG6のシビックでしたが、その時は車高調なんてN1で使ってる物くらいしかなく、その当時、大阪のビジョン?ってとこの車高調で30万程した記憶があります
その脚に、セミスリと一般には市販されていない無限のレース用デフを組んで毎晩のように走ってました

IMG_2009_R.jpg IMG_2010_R.jpg
ちょっと話が逸れましたが、純正車高はこんな感じです
ホイールが変わってるのもありますが、これはかなりいただけません。。

とりあえず、サクサクっと2~3時間で終わるかな~と作業開始しましたが・・

IMG_2011_R.jpg
アッパーマウントのボルトを押さえるのに、工具が入りません

IMG_2013_R.jpg
結局、ワイパー・カウルトップを外して、ワイパーのリンクロッドを浮かせてやっとアクセス出来ました

その後もリアのアッパーマウントのナイロンナットが緩なかったりと微妙に色々面倒でしたが・・

IMG_2014_R.jpg
無事完了しました
当初、どれくらい落ちるか分からず、前後ともお皿を少し上げた状態でタイヤを組みましたが、余り落ちず、結局前後とも一番下までお皿を下げました
元の状態からは相当落ちてますが、これでも乗り心地が悪くなく、普通に走れるのはすごいですね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。