プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パテもいろいろです。

今日は早めにキリがいいところまで終わったので、久々にこちらでblogをアップします

前々から使っていたパテに疑問を抱いていたのですが、先日、軽自動車のプラスラインが無いパネルで明らかにパテによる問題と思われる事があったので、今回新たにパテのメーカーを変えてみました

ちなみに、どんな問題かというと、パテで仕上げた部分の周りが明らかに歪んで、結果、扱う部分がどんどん広くなってしまうというものです。
同業者の方なら分かると思いますが、とにかく最近の軽自動車とかのパネルで、プラスラインが無く平たい部分とかだと、とにかく、気をつかいます。
簡単に言うなら、熱で簡単に歪んでしまったり、ちょっとした損傷なのに張りが無くなってしまったり。。

例えば、普通のパネルだと何て無く簡単に終わる損傷でも、軽自動車のパネルだと弱音履きたくなるくらい苦労したり・・

0129ccdb7b49a0938628d6d63fbefa9d67635be3c5_R.jpg
という事で、とりあえずこのパテを買ってみました

ソーラーというメーカーの『ゼロ伸縮』を謳ってる商品です。
ちなみに、このソーラーというメーカーは色んな塗料メーカー等にOEMでパテを卸していたりします。

そして、とりあえず、自分で納得しないと気が済まない性格ですので・・

014a88a5c4783a44852f1a315d65bf06face2f023e_R.jpg
100%同条件とはいきませんが、同じ鉄板を同じサイズに切って、同じグラム数のパテを塗って、同じように熱を入れてみました。
ちなみに、黄色い方が今まで使ってたパテで、グレーの方が今回のパテです。
・・あえてメーカー名は言いませんが、同業者の方なら黄色い方はどこのパテか分かりますよね

そして結果は・・

018482089a5b844d96be8a162beabcb2e1c8056ccb_R.jpg
こんな感じです。
ソーラーの方も全く歪みなし・・とはいいませんが、黄色い方と比べると差は歴然ですね

01b9d19e00fd7fda7ba8a0425324a840182ffb46c8_R.jpg 0147da279a3b7c0eca99226c7943a1bc503c2a04e7_R.jpg
結構パテの伸縮で歪むものですね

01e8763c66f33f15aceb53260106987aeb517a261b_R.jpg 01a271f5fe75579176b28bc322340505e12689ec82_R.jpg
こっちも多少は歪んでますが、あからさまな感じはありません

という結果に終わりましたので、黄色いメーカーのパテは在庫分全部捨てます

もちろん、パテは歪みだけではなく、研ぎやすさだったり、巣穴の出来にくさだったりと他にも判断材料は沢山あるのですが、僕的には今回とりあえず作業性は問題とせず、伸縮が極力無い物・・という事で探しましたので、こういう結果で良かったです

スポンサーサイト

原因が分ってよかった~^^

最近はフェイスブックの方で更新してるので、こちらのblogはかなり久しぶりですね
2月は色々と忙しくしていましたが、3月に入って少しのんびりモードです

そんなのんびりモードの今日ですが・・

IMG_2461_R.jpg
バンパーのクイック補修です・・バンパー脱着をせずに、部分的に補修しますので、修理費用を抑える事が出来ます

IMG_2462_R.jpg
ささっとサフを入れて、調色に掛りますが、ガンの調子が何かおかしいです
上手く表現出来ないんですけど、微粒化が出来てないというか、何かいつもと違います。。

ここで、ガンを変えようと思いましたが、これ位の小範囲を補修するガンは、通常使ってるSRi Proか、昔のタイプのサタミニジェットしかありません。。
調色のテストピースの段階では何かおかしいけど、明らかにおかしい訳でもないので、とりあえず、いつものSRi Proでいく事に・・

IMG_2467_R.jpg
そして調色もそこそこに早速マスキングして塗ります
これくらいの補修は何も心配する事なく、あっという間に終わるのですが・・

1発目から『ヤバイ・・』って感じです。。

ボカシキワがダマダマになります。。

しかも、この時期にこんな小範囲ではありえませんが、メタムラも酷いです。。

といっても、ここまで来たらどうにかするしかありませんので、色んな手を使って、何とかベース終了です
・・久々にこんなに苦労しました。。

IMG_2468_R.jpg
そしてクリアーです
とりあえず、製品レベルとしては全然OKな範囲に持っていけました。

ちなみに、おかしかった原因ですが・・

IMG_2466_R.jpg
フレイドルチップが当る部分のガスケットが割れてました
これではまとまな性能が出る訳がありませんね
思い当たるふしはあるのですが、デビのガンは全般的にフレイドルチップの座りが悪いというか、密着性が余り良くありません。なので、いつもちょっと強めに締めてたのですが、それがいけなかったんでしょうね。。

しかし、こういった時、原因が分からないと次の塗装まで不安で仕方ありませんが、原因が分かってホットしました


寄せ集め?

いや~。冬だから当然ですが、とにかく寒いです
今日は特に風が強かったので余計寒く感じました~

IMG_2220_R.jpg
ラフェスタの新品の樹脂ボンネットです
裏の骨とアウターパネルは元々別体みたいですが、リベットみたいなので付けてあります
それはいいのですが、新品を頼んで、開封してみると、画像のような感じで、ガラスの上は黒系のメタリックで塗装されており、ガラスから下部分はシルバーで綺麗に塗装されています。。

もしかして、塗装済みパーツで供給
それで、何かの間違いによって、上黒、下シルバーの2トーン仕様のクルマがあって、それ用の物が届いてしまったのか
と思い、部品屋さんにメーカーへ確認してもらった所、『それを塗装して下さい。塗装前提パーツです』・・と

多分ですが、当初は塗装済みパーツとして供給があったんでしょうね。それで、今は、余った色のパネルを組み合わせて
『塗装前提パーツ』として供給してるんでしょうね

まあ、僕ら工場としても、塗装の工賃がもらえるのでそれはそれでいいのですが・・

IMG_2225_R.jpg
こんな感じで裏から微妙にシルバーが見えるし・・

IMG_2224_R.jpg
後から配線が通せないからでしょう。ハーネスまでセットになってます・・こんな事するから部品代が高いんですよね。。

IMG_2226_R.jpg
そしてマスキングですが、裏の骨がそのまま内装になりますので、少しでも色が掛るとアウトです
なので、もったいないですが、内装になる部分は養生の紙は使わず、基本全てマスキングテープでマスキングしました

IMG_2228_R.jpg IMG_2229_R.jpg

そして、淵の部分はより粘着力が強いマスキングテープを使いました(緑のテープが通常使ってるニチバンのテープで、黄色が粘着力が強い日東電工のテープです)

IMG_2227_R.jpg
樹脂という事もあり、スタンドに吊って塗る事は出来ないので、平置きして、まずは裏から塗装しますが、念には念を入れて、マスキングの浮きを確認します

そして、この後、裏面を塗って、ひっくり返して表の塗装となります

ちなみに、パネルの表のホール部分も裏から手が入らないので、マスキングは大変手間が掛り、マスキング作業だけでも2時間くらい掛ってます
まだ、塗装指数を調べてませんが、こんな手間は何も考慮されてないんでしょうね~。
保険屋さんとはしっかり交渉しないといけませんね

しかし、応援に来てもらってるので、ホント助かってます
それぞれ別に仕事が進んでいくので仕事の進み具合がホント早いです

パット見では大した事ありませんが・・。

今日は昼間、暖かくて作業が捗りました
でも、夕方から一気に冷え込んできて、さっきクリアーを入れましたが、ブースのバーナーを焚いて、クリアーも湯煎しました

今日、入庫した2台ですが、両方とも、パット見は大した事ありませんが・・

IMG_2176_R.jpg
まずは、対物保険にて対応のラフェスタですが、こんな感じで大した事なさそうです

IMG_2177_R.jpg
シーラーの部分が浮いてますが、それなりに当っているようですね。

IMG_2174_R.jpg
テールレンズを見れば分かりやすいですが、若干、インナーパネルも入り込んでるみたいです。
(バンパーは、クォーターパネル部分が外れてるので、かなり入り込んでいるように見えます)

IMG_2186_R.jpg
そして、このクルマは、バックドアが鉄板じゃなくて、樹脂ですが、パックリ割れてしまってます
これは無条件で交換となります。
おまけに、この樹脂のバックドア、86,000円くらいします・・通常の鉄板だったら、これくらいの大きさだと3~4万円くらいだと思います。。

という事で、これくらいの損傷でもざっとの見積もりで40万~くらいは掛ってしまいます。。


IMG_2182_R.jpg
次はこちらのパレットです。
誤って、側溝にタイヤを落としてしまったようで、車両保険での対応となります
落ちたのは左フロントですが、こうやって見る限り、フロントバンパーが少し下から押されて膨らんでるくらいにしか見えません

IMG_2179_R.jpg
スポイラーは割れてますね。

IMG_2180_R.jpg
しかし、詳しく見ていくと、サイドステップの下からも押されてるので、フェンダーが膨らんでます。。
そして、画像では分かりにくいですが、フェンダーの中央付近にかすかに折れもあります。。

車両保険なので、バンパーやスポイラー、フェンダーは交換せずに修理対応したとしても、概算で30万~は掛りそうです。

・・とこんな感じで、パット見は大した事なくても、思いの外、損傷があちこちに波及してる場合があります


急に寒くなったので・・

予報通り、今日はかなり寒いです

IMG_2149_R.jpg
夕方、助っ人の方が塗ってましたが、急に寒くなった為、シンナー選択が難しく、とにかく溶剤が抜けなくて、ゴミ噛みとかを研いだら、どんどん深みにハマってしまい、明日仕切り直しとなりました
納期の関係によりますが、こういう時は、思い切って仕切り直した方が絶対に良いと思います

IMG_2148_R.jpg
僕は売れたクルマの名変に行ったり、納車準備をしたり、イージーの下地をしたり・・の1日でしたが、今日みたいな日の水研ぎは泣きたくなりますね

今は、副資材が良くなって、空研ぎがメインになってきてますが、イージーなんかの小さなパーツはやはり水研ぎとなります

これからしばらく、水を使う作業はツライですね

とにかく、早く風呂に入りたいです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。